四国情報管理センター株式会社 採用サイト

社員紹介

社員の紹介

社員紹介

転職のきっかけ

学生時代に情報系の分野に興味を持ったことがきっかけで、将来はデータセンターやサーバーに関する仕事に就きたいと考えるようになり、大学卒業後は東京のIT関連企業に就職しました。その後、地元である高知県に戻って働きたいと思い、転職しました。当社に入社したのは、前職で培った経験を活かせる仕事だということもありましたが、実は学生時代の就職活動中にも関心を持っていた会社であり、社内の雰囲気が良かったという印象が残っていたからです。転職活動で数年振りに訪問した際も同じ印象を受け、「ここで仕事がしたい」と思いました。希望の仕事も続けられて良かったです。

幅広い業務に携わることができる

前職では1台のサーバーで複数のお客様へメールやWebのサービスを提供する「共有ホスティングサービス」のサーバー運用をしていました。100台ほどのサーバーを管理し、数万人が利用するサービスを支えるという仕事は大きなプレッシャーがありましたが、この当時にサーバー運用に関する知識や技術を培うことができました。現職ではそれらを活かして、自社データセンターの運用やサーバー・ネットワークの構築などの業務を主として担当しています。前職では縦割りに仕事が設けられていたため、業務の内容やルーチンが固定的になりがちでしたが、現職は構築から運用まで幅広く、様々なジャンルの仕事を経験できるというところに面白さとやりがいを感じています。

冷静に対応する

四国情報管理センターに入社してから環境が大きく変わったのは、人と直接関わることが増えたことです。例えば、お客様への電話サポートや客先での対応、社内の別部署からの問い合わせ対応などです。最初は戸惑うこともありましたが、常に冷静に対応している周りの社員の方を見て、「相手が何に困っていて、何を求めているか」を考え、冷静に対応していくことで無理に思えるようなこともやり遂げることが出来ると感じています。

私の一日

8:20 出社
8:30 朝礼
8:40

メールチェック

10:30 社内システムの相互利用環境構築
本社(日本)と海外の子会社(ベトナム)で、社内システムを相互利用するための環境構築のために、別部署のシステム設計者と協力してシステムやサーバーの設定変更や動作確認を行います。
12:00 昼食
13:00 データセンター関連業務
15:00 ネットワーク機器の設定変更
お客様や社内別部署の業務へ影響がないことを確認の上、データセンターに設置してあるネットワーク機器の設定変更を行います。
20:00 帰宅