四国情報管理センター株式会社 採用サイト

社員紹介

社員の紹介

社員紹介

入社のきっかけ

昔からコンピュータが好きだったので、いずれはIT業界で仕事がしたいと思い、情報系の専門学校に進みました。将来のことを考えて学生時代に国家資格(応用情報処理技術者)を取得しましたが、この分野が好きだったので、勉強は全く苦になりませんでした。
当社のことは本格的に就職活動を始める前から知っており、地元が好きで高知県の企業で働きたいと考えていたこともあって会社を訪問した際に、社長の仕事に対する熱意に触れ、私もこの会社で働きたいと決意しました。採用試験では自分の得意ではない分野に直面することもありましたが、「今の自分にできることをしっかりとアピールしよう!」と挑戦する気持ちで臨んだことが、結果につながったのではないかと思います。

周りのサポートが励みになる

現在は、自治体が行う児童手当や福祉医療に関わるシステムに携わっており、システムを新しいバージョンへ入れ替える際のデータ移行を主に担当しています。導入先のお客様と調整をしながら、旧システムから吐き出したデータを加工して移行の準備を進めていきますが、住民データ(個人情報)そのものを取り扱う仕事ですので、データの消失や漏洩などに細心の注意を払わなければならないのが大変なところです。先輩社員と比べると、まだまだ仕事の段取りが甘く、ときには作業の中で失敗をして反省することもありますが、周りの方々のフォローのおかげで、それらを全て成長するための経験に変えることができています。一方で自分が完遂できた仕事に対してお客様や上司から激励の言葉をいただけたときは、とても嬉しく、次の仕事に向けてモチベーションが高まります。

信頼される人間になるために

入社してから仕事をする中で感じたことは、エンジニアがお客様の所へ訪問する機会が想像以上に多かったことです。訪問の目的はお客様との打ち合わせや現地での設定作業、導入後の運用指導(システムの操作説明)など様々です。訪問の頻度は部署によって異なりますが、私にとってお客様と接しながら進める仕事に、とてもやりがいを感じており、社内での開発作業だけでなく、お客様との接点がアクセントになって、仕事の活力となっています。
まだまだ学ばなければならないことはありますが、将来は技術力だけでなく、お客様から一人の人間として信頼されるエンジニアを目指して頑張りたいと思っています。そのために、これからの長い人生の中で仕事でもプライベートでも、様々な分野や年代の方と出会い、積極的に関わって、色々な人達の考え方を取り入れながら自分の人格を高めていきたいですね。

私の一日

8:30 出社、メールチェック
9:00 データ移行作業
児童手当システムのバージョンアップに伴うデータ移行を行います。移行ツールを使って新しいシステムに合致しないデータをチェックします。自身で判断できない部分は上司の指示を仰ぎ、お客様への報告者や調整も行いながらデータの加工を進めていきます。
11:30 移動
12:00 昼食
13:00 運用指導
システムを導入させていただいた市町村役場様のところへ赴き、担当者の方へ操作の説明を行います。聞き手のリアクションを確認しながら、説明が頭に入りやすいように話しの速度や間に注意をしています。
16:00 移動
17:00 データ移行作業
18:00 資料作成
18:30 帰宅