四国情報管理センター株式会社 採用サイト

社員紹介

社員の紹介

システム部 システム1課 2015年入社

入社のきっかけ

学生時代に関西の大学で生物学を専攻していましたが、コンピュータにも興味があり、学校の授業でプログラミングを体験してみたところ、その面白さに触れました。自分で作ったプログラムのどこに問題があるのか頭を悩ませたり、閃きを感じて思い通りに動かせたりすることが楽しく、次第にIT業界で仕事がしてみたいと思うようになりました。
当社と出会ったのは、高知県で開催された合同企業説明会に参加したときのことです。システムエンジニアとして仕事ができる会社を探して当社を見つけました。そのときにお会いした女性採用担当者の明るさが印象的で、女性が活き活きと仕事ができる職場だと感じ、興味を持ちました。その後、選考が進む中で私の話を親身になって聞いてもらえたことや、入社後にミスマッチが起こらないように何度も面談をして、しっかりと相互確認ができたことが会社に対する信頼に繋がり、入社の決め手となりました。

お客様の要求をしっかりと理解する

公共施設の予約システムや企業の業務管理システムの開発を担当しています。公共施設の予約システムは既にリリースされている当社のパッケージシステムで、導入いただいているユーザーの要望などを参考にシステムの機能強化を行うプロジェクトに携わっています。一方、企業の業務管理システムは特定のお客様向けにオーダーメイドで開発(スクラッチ開発)を行います。こちらは先輩社員と一緒に客先へ訪問して「お客様が何をしたいのか」を確認するところからスタートしますが、実際に開発が始まると様々な疑問が頭の中に浮かんできて、私がお客様の業務や要求をきちんと把握できていなかったことを痛感することがあります。実際に業務に携わってみてシステムエンジニアの仕事はプログラミングだけでなく、お客様の要求をまとめて明確にする作業(要件定義)も重要なのだと強く感じています。

成功や発見の一つ一つを大切に

まだまだ私に出来ることは限られていますが、簡単なプログラムでも自分で作ったものが正常に動くと嬉しいですし、最初はどこに問題があるのかさっぱり分からなかったプログラムバグ(誤りや不具合)のチェックでも、少しずつシステムの構造を理解して問題部分を発見できるスピードが上がってきました。中にはいくら考えても一人で解決できないことがありますが、先輩社員からアドバイスをもらって新しい考え方を発見できると大きな驚きと喜びを感じます。
現在は先輩社員にサポートをしてもらいながらの仕事が多いですが、きちんと私自身がお客様の潜在的な要望を汲み取り、迅速に対応できる力を身につけ、将来はお客様の目線でシステムを開発できるエンジニアになりたいと思っています。

私の一日

8:10 出社、雑務
8:30 メールチェック、作業状況確認
9:00 オフショア開発の受入テスト、オンライン会議
海外(ベトナム)の子会社に開発を委託したプログラムを受け取り、動作確認や潜在的なバグがないかを検証します。テスト実施後は、ベトナムのエンジニアとオンライン会議を実施。検証結果や進捗状況などについて話し合います。
12:00 昼食
13:00 業務管理システムの開発(メイン画面の実装)
16:30 開発言語の勉強
18:00 資格取得のための勉強会参加
情報処理技術者試験の合格を目指す社員が集まる社内勉強会に参加。同じ目標を持つ同年代の社員と一緒に勉強すると集中力も高まり、やる気も湧いてきます。
19:00 帰宅