四国情報管理センター株式会社 採用サイト

社員紹介

社員の紹介

社員紹介

お客様の将来に影響を与える仕事

徳島県および淡路島を中心に民間企業のお客様に対して業務用のソフトウェアやハードウェア、ユースウェア(情報システムを活用するためのサービス)を提案・販売しています。お客様の業態は、メーカー、卸業、小売業、サービス業など様々です。最近では「働き方改革」や「セキュリティ」への関心が高まっており、勤怠管理システムや顔認証・静脈認証などを利用した入退室管理システムの導入案件が増えています。商談では会社の経営者に直接会ってITへの投資について助言をさせていただく機会も多く、一企業の方向性に影響を与える大事な役割を担っています。

あるべき姿と現実のギャップを埋める

私たちの仕事は、お客様のあるべき姿と現実とのギャップを埋める手段を考えることです。それぞれが抱える問題を解決するためのアプローチは様々ですが、お客様にマッチした管理形態を提案し、弊社のシステムやサービスを採用いただいて、業務に活用してもらう。そのために、お客様個々がどういう思考で投資されるのかを想像し、仮説を立てて商談パターンを考えることが大切です。
営業はやる気があればいくらでも詰めることができますし、逆に必要最低限のことだけをやってやめてしまうこともできます。「お客様からの期待」と「自身の誇り」を胸に、考えうる最善の行動をどれだけとれるかで仕事の真価が問われます。例え商談で負けてしまっても、丁寧な仕事をして信頼を重ねれば、お客様からまた新しいチャンスを与えていただけます。

若い力を育て長期的にお客様を支える

将来を見据えて考えることの一つはお客様の事業を支えること。ITベンダーとして当社を信頼してくれるお客様の期待に応え、共に成長することが最も重要なミッションです。もう一つは若い社員が充実した気持ちで仕事に取り組めるような環境を作ること。若い力が成長しなければ、結果として長期的にお客様を支えることができなくなるからです。そのために、与えられた時間の全てを使って、若い社員を支えながら事業の継続・発展に尽力することが私たち年長者の役目だと思っています。

1日のスケジュール

08:20 出社
08:30 メール確認・回答・指示
09:30 徳島市 A社訪問(サービス業)
こまめにお客様先に顔を出して関わりを作っておきます。今回は売上に直結する商談ではありませんでしたが、目の前の数字を追うことばかりではなく、長期的な視点で将来の案件を作るための種まき活動をしておくことが大切です。
12:00 昼食・移動
16:00 徳島市B社訪問(卸業)
メーカー企業の担当者に同行してもらって、ネットビジネスに関わるシステム導入のプレゼンテーションを行いました。商品購入の意思決定において営業の社員がお客様へ与える印象はとても大きいです。堂々と自信に満ち溢れ、覇気のある営業が窓口になってくれる方が安心できるのは当然だからです。
16:30 帰社・事務処理
18:00 メーカー企業の担当者と会食